マクドナルドの注文方法もついにタッチパネル化

公開日: : 最終更新日:2016/02/10 ライフスタイル

スーパーでの買い物の会計は、一部セルフサービス化が進み
あらゆるスーパー系列も右にならえで導入されています。
私が買い物する時も、ほんの数品であればささっと進めるので
セルフを選んで会計をします。

タッチパネルで注文

IMG_6462.JPG
この波は遂にマクドナルドにもやって来ました。

このタッチパネルは、普通のハンバーガーやドリンクの注文も出来ますが
目玉はマクドナルドが打ち出しつ新しい路線、
自分のお好みのバーガーが作れる事。
例えばバンズ、チーズ、野菜などを自由に選ぶ事が出来ます。
毎日でもマックが食べたい、という人にはうってつけのサービスでしょう。
ただし特注の部分は値段が上がるのでご注意を。

私はこの日、コーヒーだけ注文しましたが、
入れるミルクも普通のもの、豆乳、スキムミルクから選べる様になっていました。

タッチパネル、使ってみた。

IMG_6458.JPG
使ってみての感想ですが、注文が確定するまで意外と時間が掛かります。
これだったらカウンターでさっと注文した方が早いかな~と思いました。
しかも、クレジットカードならタッチパネルのところで支払いが出来ますが
現金の場合、印刷される番号札をもってカウンターに行かなくてはならないので
どう考えても二度手間です。

IMG_6463.JPG
ピックアップと書かれたカウンターのところには
番号が表示されるモニターがあり、出ている番号は
「今、作ってますよ」という事なので、呼ばれてからでないと
食べ物にありつけません。ちょっとややこしい。

タッチパネル導入の本当の思惑?

IMG_6460.JPG
オーストラリアのマックとしてはこのタッチパネルを導入する事で
オーダー出来る自由度がアップし、グルメ路線を展開し
ジャンクフードのイメージ払拭アピールしたいんでしょうが、
その実情は労働賃金対策なのでしょう。

私が訪れたマックには5台のタッチパネルが設置されていました。
現在は16店舗にのみある設備ですが、今後は800店舗に展開してゆく予定だそうで。
その事を考えると相当の投資額になると思われます。

それでもやっぱり人を雇うよりも安上がりなんでしょうね。
オーストラリアでの最低自給賃金は$16.87(約2,030円。2015年5月現在)。
その分の売り上げを確保するのはえてして楽じゃありません。

IMG_6468.JPG
日本では、カウンターからのオーダーメニュー撤廃、
中国産腐敗とり肉騒動、パティの異物混入など、
あまりパッとしないニュースが続いていますね。

本国アメリカのマクドナルドの株価の推移を見ても、
逆境にある事が推察されます。

一方、オーストラリアのマクドナルドも
売り上げとシェアを伸ばすのに四苦八苦している節が窺えますが
このタッチパネルと自分で選べるバーガーで起死回生になるのか?
興味のあるところです。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

スポンサーリンク
     

Comment

  1. rie より:

    はじめまして!来週メルボルンにいきます。オーストラリアは初めてなのです。8月までメルボルンですが今は昼間寒いですか?

    • Hatsu より:

      rieさんへ
      はじめまして。メルボルンは丁度冬に向かっており、
      昼間もずいぶんと涼しくなりました。
      朝夕の冷え込みは厳しいので温かい服装をがっちりと
      お持ち下さいね。

  • Author:はつ。Twitterアカウントは@Hatsu_Oz。 日々、色んな事に挑戦して面白い気付きに遭遇するのを楽しみしているアラフォー。オーストラリアのメルボルン在住。 詳細はこちらから
PAGE TOP ↑