コーヒーの木、復活。メルボルンでコーヒー豆を収穫する日がくるのか?

公開日: : 家庭菜園

枯れてしまったコーヒーの苗

冬の間、霜の当ててしまい立ち枯れたコーヒーの苗。
2株あって、ふたつとも霜気にやられて
葉を全て落としてしまいました。

WorldCoffeeMap
from http://goo.gl/VpZ48I

コーヒーが栽培されている地域の世界分布図を見ても
メルボルンは明らかに外れているのですが
この地にも、アボカドの農園があったりするので
淡い期待を持ちつつ苗を育てていました。

やはり現実はそう甘くなかったようで
霜が降りる位の寒かった日以降、
葉を次々に落としていってしまいました。

諦めずに苗のお世話

メルボルンの暖かい春の気候のおかげか、
緑の葉が徐々に出て来ました!

coffee_shrub_(2)_01

いや~、冬の間は「やっぱりダメかな」と
半ば諦めていましたが、継続は力なり、とは
この事で見事に盛り返してくれました。

coffee_shrub_(1)_01

このまま夏から秋にかけて成長を見守る事にして
冬の間は温室を作ってそこで生育してゆこうと思います。

ともあれ、生きててくれてよかった、よかった。

スポンサーリンク
     
  • Author:はつ。Twitterアカウントは@Hatsu_Oz。 日々、色んな事に挑戦して面白い気付きに遭遇するのを楽しみしているアラフォー。オーストラリアのメルボルン在住。 詳細はこちらから
  • にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
PAGE TOP ↑