過剰なまでにデコレーションされたソフトクリーム @ Milkcow


メルボルンはカフェの超激戦区。お店の多様性に加えて料理の質も競争は熾烈を極めている現状。

出てくる料理のデコレーションはより多くの色、立体的な盛り付けに拍車がかかっています。

そういったカフェの影響は他の食べ物にも確実に及んでいて、プレゼンテーションや盛り付けも過当競争が進んでいるように思います。

今回ご紹介するのはソフトクリーム屋さん。そのお店で出されるソフトクリームのデコレーションは通常のものとちょっと違います。どんな点が違うのかご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

乳牛という名のソフトクリーム屋さん


場所はメルボルン中心街のすこし北側。大きな通りであるスワンストン通り沿いにあります。

間口は割りと狭いので、注意していないと通り過ぎてしまいそう。

お店の名前はミルク・カウ(Millkcow)。日本語にすれば乳牛。ソフトクリーム屋さんとしてはスガスガしいほどのストレートなネーミング。

通りからの販売口を覗いてみると…


壁にはメニュー。チョコレートパフェはあろうかという量のソフトクリームがコップにてんこ盛り。

ここへは空腹なとき以外に来たら苦戦しそうです。トッピングのリストもゼリービーンズの始まって日本ではあまり考えられない品揃え。


もしも少なめが良ければ、普通のコーンのソフトクリームも注文できます。ファンキーなコーンの色

が、せっかくここまで来たのだから、お店のオススメを注文したいというもの。

スポンサーリンク

店内はホワイト!


店内は白で統一。ソフトクリームのイメージカラーだからでしょうかね。

ピンクのネオンが輝いていて、周りがうっすらピンクに染まっていて映えぶりがきれいでした。

メルボルンでもワンオペ


最近はオーストラリアでも一人だけでお店を回すスタイル、いわゆるワンマン・オペレーションのお店が増えてきているみたいですね。

ここのお店もそうで、注文をとってもたったらそのまま綿菓子作りに直行していました。

わた菓子が乗ってるソフトクリーム

こちらが注文したソフトクリーム。コップに入ったソフトクリームの上にわた菓子が上に乗っかっています。

コップの部分にまでは綿菓子を食べないとソフトクリームにたどり着けないほど。ちぎっては食べちぎっては食べを繰り返してソフトクリームへ近付きます。

この過程は、縁日で買ったわたあめを食べ進めるみたいで、童心に還って楽しめます。

広告戦略はSNS


もう今では当たり前となった感じがある、お店の広告はソーシャルメディアがその手腕を発揮。

このお店もその時流に乗って、インスタグラムでの広告路線を使っています。このお店のソフトクリームのインスタグラムをアップして、優秀作品には賞品が当たるキャンペーンを展開していました。

まとめ


デコレーション競争はまだ暫し続きそうですが、メルボルンのフードカルチャーはまだまだ進化の途中であると感じます。

もう少しの間は過剰アピールが続きそうですが、その後は本質での競争が中心になってゆくでしょう。そうした際には世界のグルメシーンにおいてもその名声はもっと響き渡るでしょう。

それまでソフトクリームを食べながら待つ事にしましょう。

それではまた!

お店の情報はこちら:

Milkcow (ホームページ instagram グーグルマップ

スポンサーリンク
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加   
  
  • Author:はつ。Twitterアカウントは@Hatsu_Oz。 日々、色んな事に挑戦して面白い気付きに遭遇するのを楽しみしているアラフォー。オーストラリアのメルボルン在住。 詳細はこちらから
  • にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
PAGE TOP ↑