親にあと何回会えるのか教えてくれるサイト「See Your Folks」 。見て愕然としたら行動に移そう!

オーストラリアでは只今イースターの連休中。こんなときには友達と久々に会って近況を話し合ったりします。

アラフォーやアラフィフ世代だと、話題にのぼるのが親のはなし。親が体調を崩したので急遽、一時帰国する事になった、とか親が自宅を引き払うので荷物の整理を手伝いに行く予定とか。

老いは確実に迫っているのでそれに対処しなくてはいけません。

そこで今回は一体親と会える回数が何度あるのかということを教えてくれる Web サイトをご紹介します。

スポンサーリンク

See Your Folks というサイト

ウェブサイトの名前はSee Your Folks。このウェブサイトでは、あなたがあと何回親と会うことができるか教えてくれます。

まず上のページで

両親が住んでいる国
平均値で年に何回、親に会うか
父親の年齢
母親の年齢

両親が住んでいる国を聞かれるのはその国の平均寿命を男女別に出し、そこから会える回数を割り出しているから。

試しに下の数値を叩き込んでみます。

住んでいる国:日本
父親 75歳
母親 70歳
会う頻度:0.5回(2年に一度、帰国して会う)

すると、出てきた結果がコチラ。

スポンサーリンク

5.8回と出ました。親と会える機会が限られているのは頭で分かっているつもりでした。しかし実際に数字を突きつけられると、思わず唸ってしまうほど少ない。圧倒的に少ないです。

はつ的なマトメと考察

いつまでも あると思うな 親と金」という川柳がありますが、上手い事言うもんだなぁ~と昔は感心していました。歳を重ねた今となってはこの言葉はズッシリと重みを帯びています。

私も初めてこのサイトを試した時、残された親との時間があまりにも限られていて愕然としました。でもそのおかげで以前より親に連絡をとる事が多くなったし、結局は良かったかなと思っています。

このサイト自体が目的は不用意に不安を煽るためではありません。製作者いわく、死への認識を持つ事によって「生きる」事を最大限までに有効活用しようと意識が向く、と述べています。またそれによって日々の生活の中で本当に大切なものにフォーカスできるとも。

このサイトはメールアドレスを聞かれたりFacebookでログインする必要もありません。不安がらずとも利用できますよ。

親と会える機会が一体どれだけ残されているのか気になる方、See Your Folks をお試しあれ。

それではまた!

スポンサーリンク