繰り返しの魔力をミュージックビデオで体感してみる

2015年7月10日

前回の記事に登場したアーロン・リモニックさんのお話に
継続」の事が採りあげられていましたが、
繰り返す事の不思議な魔力について今回はお話ししたいと思います。

繰り返しといっても、ただ単純に同じ事が繰り返されるのではなく
微妙に違ったものが繰り返されると、その意外性と共に
その前に出て来たものとの違いを無意識に探してしまう様になります。

ここでは3つばかり例を挙げます。

その1 カイリーミノーグの場合

カイリーミノーグが街の中を歩いていて
同じ箇所を何回も歩いてゆく内に、カイリーは増えてゆき
街の景色も「あれっ?」と思わせる具合に、
ちょっとずつ変化してゆきます。
間違い探し的に見てゆくと面白いかもです。

このビデオは映像作家のミシェル・ゴンドリーが作成。
繰り返しを多用している作家で、彼が手がけたビデオは
ループ系のものが多いです。

その2 ホワイト・ストライプの場合

出だしのベースが印象深い1曲。
ボーカルが歌い、バンドの演奏しているシーンが
延々と三角形のモチーフの形状に段々とズームしてゆきます。
まるで3角形の道をずっと進んでいるかの様な錯覚に陥ります。

その3 シリアックの場合

海岸沿いの道を人が歩いたり車が走ったりしていて
なぜかそこにクマさんが。
そして繰り返されてゆく内にクマさんは増殖を果たして遂には。。。
繰り返しの中にも見事にストーリーが展開(?)されていて、
つい引き込まれてしまいます。

グラフィック・アーティストのシリアックさんの作品は好きなのですが
異常増殖したり、ちょっとグロテスクな表現が多いので
好き嫌いが分かれる所だと思います。

まとめ

繰り返しの魔力の片鱗を味わって頂けましたでしょうか?
裏を返せば、日常の単純な作業もちょっとした工夫で
楽しさをアップさせる事が出来るという事。

有りがちな毎日に、ちょっとした変化を付けてみては?

したらな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ

スポンサーリンク