バナナを簡単に剥くコツ ! この方法で実を潰さずにむく事ができますよ。

突然ですが、バナナはお好きですか? 私、バナナが大好きで自転車に乗って遠出する際には必ずといって良いほどバナナを携帯しています。

オーストラリアは国産のバナナで自給率100%を誇り、スーパーには必ず3種類以上のバナナが並んでいます。ドンキーコングもビックリするほどのバナナ好き。

私もよくバナナを食べますが、時おり皮を上手く事ができなかったります。そこで今回はズバリ!バナナの剥き方をご紹介します。

スポンサーリンク

通常のバナナのむき方は大間違い !?

バナナには、房に付いていたサイドで取っ手状になっている側と、その反対側があります。房についていた側の取っ手部分は「果柄」と呼ぶそうです。

バナナが完全に熟していれば、果柄の方でも簡単にむく事ができます。でも、まだ青いものや熟しはじめたものであればうまく動くことができません。無理に果柄をグリグリやると、中身が潰れてしまいます。

ナイフがあれば切り込みを入れ、問題なく身の部分ありつけるんです。ところがドッコイそんな便利なものって必要なときに限ってありません。じゃあどうするか?

とってもカンタン! サルにもデキるバナナの剥き方

果柄の反対側からであれば、簡単に剥くことができます。あまりにカンタンにむけるので「今までの苦労は何だったんだ?」とそれまでの自分を激しく攻め立てたい衝動にかられるほどのインパクト。

試しにバナナを果柄の方からむいてみて下さい。カンタンに剥けたでしょ?実はお猿さん達はこの方法を知っていて、果柄とは反対側からバナナを上手に剥くそうです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか? ほんのちょっとした知識が生活をちょっぴり楽しく、かつ利便性を良くしてくれます。

バナナを食べる機会があればぜひこの方法、試してみて下さいね。

それではまた!

スポンサーリンク