Google翻訳のアプリがもっと便利になった!日英同時翻訳や画像でのリアルタイム翻訳が地味にスゴイ!

2017年4月1日

英語話者と話していて、知らなかった英単語が会話の中に出て来た時はどうしていますか?

私が最近多用しているのがGoogle翻訳というアプリ。これは携帯電話の中のアプリのひとつで、無料でダウンロードできます。

オーストラリアの日常生活では英語と日本語がカバーできていれば良いのですが、例えば日本への往来のストップオーバーで東南アジアに寄ったとします。そういった時、多言語の翻訳に対応しているGoogle翻訳があれば便利です。

そんな便利なアプリなんですが、今回はその使い方と多様な機能についてご紹介します。

尚、Google翻訳はアンドロイド用のアプリもあるんですが、私はiPhoneを使っているのでiPhone内でのアプリの使用方法を元に説明していきます。

スポンサーリンク

Google翻訳のアプリをインストール


まず1番最初にやらなくてはならないのは、iTunesストアからGoogle翻訳のアプリをダウンロードすること。iTunes Storeからダウンロードして下さい。

最初の画面


最初の画面では、ど真ん中に使い方ガイドがあるので、まずはそちらに沿って一通りいじくってみましょう。

グーグルの翻訳機能はまだまだ進化の過程にあり、単純に単語を訳して羅列しただけ、という様な場合もあります。ただ、今の時点では文章の大まかな意味を捉えるという用途に限定した方が無難です。

オージーとの会話翻訳のコツ

画面の右下にある歯車のアイコンをタップすると、各種設定画面が出てきます。

そこから音声入力を選ぶと上の画像が出てきます。その画面で「英語の入力」からオーストラリアを選びます。英語圏でも発音や単語の綴りは異なるんのでオーストラリアを設定しておくと良いでしょう。

試しに「G’day, mate !」と話しかけて翻訳されたものは「やあ!メイト」でした。他にスラングも話してみましたが、さすがに聞き取ってくれませんでした。

翻訳の方法は3つ

翻訳の仕方は3種類あります。

  1. カメラの画像もしくは既にiPhoneに撮ってある画像からの翻訳
  2. 音声の翻訳
  3. 手書きで書いた単語や文章を翻訳

これらをうまく使い分けることによって楽に色々なもの翻訳していけます。その中でも特にオススメな、カメラからの翻訳と音声の翻訳の使い方を紹介します。

1. カメラから翻訳


カメラを選択すると、上のような画面が出てきます。

中央に「ここにテキストは合わせます」と言う文字が出てきますが、必ずしもそこに収まっていなくても大丈夫。文字列認識能力は高く、画面に映っている文字列はかなり細部までピックアップして翻訳しようとしてくれます。

位置を決定して赤いカメラボタンを押すと翻訳が始まります。

画像内にの文字列を検索が始まります(上の写真)短時間で文字列をピックアップしてくれます。

画像認識すると、アプリが単語だと思われる箇所を長方形で囲います。実際に自分が翻訳して欲しい場所は指でなぞるとそこがハイライトされ、リアルタイムで翻訳結果が変わっていきます。

先にも述べた様に、長文翻訳は苦手ですが分からない単語だけ訳す時などには丁度良い機能ですね。

スポンサーリンク

ものすごい機能のカメラ翻訳


このアプリで特筆すべきはリアルタイムでの翻訳。

画像からの翻訳もすごいんですが、もっとスゴイのがカメラ翻訳。これはリアルタイムで翻訳してくれるスグレモノ。

リリース当時は限られた言語しか対応していませんでしたが、現在では日本語を含む27ヶ国語に対応しているそうです。

上の画像が元の画像で、カメラを通すと、リアルタイムで下の画像が表示されます。

携帯の画像をスクリーンで見ると、上の画像の様に英語部分が見事に日本語に上書きされていて、しかもフォントのスタイルやサイズが補修され、実際の映像に重ねあわせて表示されます。

翻訳精度は今ひとつですが、大概の事を探すには以前にも増して便利になりました。

これこそ正にAR(拡張現実)ですね~。これがAR機能付きメガネに搭載されたら、外国の街の看板なども全て日本語で表示されるのでしょうか。何とも近未来!

2. 双方同時通訳が可能な音声翻訳


音声翻訳の場合は、日本語、英語のどちらから話しかけても同時に翻訳してくれます。またありがたいのが、翻訳した内容を読み上げてくれること。
翻訳精度は100%ではありませんが、たいてい意味が通じるのには十分な内容になっています。

まとめ

もともと、私はグーグル翻訳の “おおざっぱ”な翻訳ぶりがあまり好きではありませんでしたが、最近はだいぶ情報が集まったのか、徐々に翻訳精度は上がってきています。今後もより良くなってゆくでしょう。

今はまだ、辞書に書いてある意味を羅列しているだけの様な印象がありますが、近い将来、十分なデータが集まれば翻訳は意訳に移行してゆくでしょう。

翻訳精度はお世辞にも良いとは言えませんが、簡単な日常会話の翻訳には適任です。色んな言語にも対応しているので、言葉に詰まった時や標識の意味が分からなかった時などは非常に便利なアプリ。しかも無料なので試してみる価値、アリです。

普段、言葉を訳すのにアプリを使っていない人でも、カメラの同時翻訳機能は一度試してみる価値がありますよ!

したらね~。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
アップル端末用の iTunes Storeはこちら
[appbox appstore 414706506]
アンドロイド端末用の Google Play Store はこちら
[appbox googleplay com.google.android.apps.translate]

スポンサーリンク