「 ライフスタイル 」 一覧

英語の会話を楽しく続ける秘訣。こんな方法を試してみるのはいかが?

メルボルンはいよいよ春本番を迎えたらしく、Tシャツで過ごせる暖かい日になりました。こんな日には外に出るしかない!と思い立ち、浜辺へ直行。海辺の遊歩道を歩いていると、ジョギングやサイクリングの人が多

続きを見る

英語が話せるようになりたい人はまずコレを習得しなされ

私は仕事上の関係もあって、日本の若い人たちと接する機会に恵まれています。そんな中、英語の事についてよく訊かれる質問があります。その質問とは、 「どうしたら英語が上手に話せるようになりますか?」

続きを見る

メルボルンから東京まで90分?夢のような列車が現実味を帯びてきた

メルボルンと日本の移動時間って長いと思いませんか?飛行機でメルボルンから東京(成田)まで9時間55分。しかも飛行機の中でじーっとしている時間の長く感じる事ったらないですよね。 乗り換えの場合は待

続きを見る

5年連続で世界で一番住みやすい都市に選ばれたメルボルンは本当に住みやすいのか?

世界で一番住みやすい街って、一体どんな感じの街を想像しますか? 毎年、この時期になるとニュースに出て来るのが「メルボルンが世界で一番住みやすい街」に選ばれました、というもの。今年で5年連続です。

続きを見る

写真と違う!デザート詐欺に遭わないために注意すること

2015/08/25 | ライフスタイル

詐欺に遭いました。それもデザートの。 どちらかという普通は遭わないタイプの詐欺ですが、みなさんが同じ目に遭わない様に書き残しておこうと思い立ちました。本当はもっと他の事に注意したほうが良いの

続きを見る

普通のスーパーとは一味違う!ギリシャ系スーパーには隠れた美味いもんがたくさん!

事の発端は職場でのお昼休み。同僚がみんなに食べ物を振る舞ってくれました。 パイの様でもあり、グルグルうず巻きになっている食べ物。何とも形容が難しいのですが、これがウマい!とりあえず、パイキジ

続きを見る

グラフィティアートを見る。スコトーマを外せる。世界が広くなる。

前回の記事に続いてグラフィティアートにまつわるお話です。 前回はアート達の魅力についてお話ししましたが、今回はそれらを活用してスコトーマを外そう!の巻です。 スコトーマとは? スコトーマとは心理

続きを見る

メルボルンの裏路地グラフィティアートはエブリデー芸術祭

メルボルン市街の裏路地にはグラフィティアートが点在しています。「Graffiti」の名前の通り落書き的要素もある為、アートが存在する場所は決まっておらず自分で探していくしかありません。一部の壁はメルボ

続きを見る

通勤電車のあるプラットホームの風景 @ フリンダース駅

以前の記事で長距離列車の発着駅のお話を書きましたが、今回は日々よく使われている通勤電車の発着駅であるフリンダース駅をご紹介。 この駅はメルボルンのメインとなる駅で、近郊へ向かう路線の集約され

続きを見る

メルボルンに住んでる人達にとって世界は美しいものだと見えるらしい。Beautifulを使う3つの状況

普段、みなさんが口ぐせの様に連呼しているコトバはありますか? メルボルンに住んでる一般市民(俗にメルボーニアンと呼ばれている)と話していると「美しい」を意味する「beautiful」という単語を

続きを見る

  • Author:はつ。Twitterアカウントは@Hatsu_Oz。 日々、色んな事に挑戦して面白い気付きに遭遇するのを楽しみしているアラフォー。オーストラリアのメルボルン在住。 詳細はこちらから
  • にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ
PAGE TOP ↑